カテゴリ

2012年09月26日

愛しているよと言えなくて。

月夜の晩のこと
銀座の小さなバーで
ホワイトレディを一杯
飲んで店を出たら
黄色いバスが店の前に止まっていた
15ユーロ
随分高いなと思ったけど
ポケットから東京タワーを出して
支払いを済ませた
バスはゆっくりと
日比谷公園をぬけ
皇居を横切り
新宿御苑で止まり
コーヒーは如何ですか?と
僕に尋ねた
僕がアメリカーノを頼むと
バスはまた走り出した
後部座席のグランドピアノでは
金髪のロシア人が
帰ってくれて嬉しいわ
を弾いていた
僕は眠った
目が覚めた時
バスは
ピアッツァ・シニョリーアに止まっていた
僕には分かる
こんなとこまで15ユーロで?
そう聞いたら
運転手はニッコリ笑って
お持ちなら少し頂けますか?
と言った
僕はスーツの内ポケットから
エッフェル塔を出した
運転手は
それじゃ、もらい過ぎだ
と言ったが僕は相手にしなかった
広場を歩いて横切り
行き慣れたアイリッシュパブで
黒いビールを飲んだ
月は
フューメ・アルノの上に浮かんでいたが
空には見えなかった
月はどこに?
僕が小さくつぶやいたら
ビールを運んだカメリエレが
月はリヨンですよ
と美しいフィレンツェ訛りで教えてくれた
そうか
そうかそうか
秋なんだ
パブから手紙を書くよ
去年の春に届くように
月明かりが白い便箋を青く染めて
ビチクレッタのカゴに乗せた
金色の果実が熟れる
スボンのポケットに
最後の京都タワーがまだある
帰れるかな銀座に
まあ、いい
ビールを飲んだらロンドンまで歩こう
おやすみ愛しい人、を口ずさみながら
posted by connie at 22:26| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっと、整理出来た。

そもそも、台本というのは麻薬のようなもので、それがアッパーかダウナーかの差こそあれ、俳優は中毒を起こす。
それが、稽古日程に入る前段階であればあまりいい結果につながる事はないので、稽古は慎重に慎重を期す事になる。
結果、戯曲推理小説については、稽古して行く間に、役者間において楽しさ、楽しみ、愉しむが生まれ、それは潮ひかる(演出助手)が生んだのだと思う。
お客様には申し訳ない、と思う反面、いまアクト青山には次のリーダーが必要なのだ。潮は俳優としても助手としても素晴らしい、それが証明された。
また、安中愛子と藤野マキが時間と労を惜しむ事なく稽古をみてくれて良かった。おかげで、加速度的に一体感は生まれたのだ。
多分、いやきっとアクト青山は新しい時代を迎える。もう、テアスタさえ競争の対象になっているし、ここから先は出演することはアクト青山を代表することになる。
次の新人公演は多分、次のオリンピックの年になるだろう。
みなさん、本当にお疲れ様。
僕はもう一度勉強しなおして、新しい舞台を創ります。
明日から、また新しい毎日の始まり。
posted by connie at 17:27| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月25日

ワーニャ伯父さん、始めました。

演出プラン、
舞台装置、
出来ました。

稽古、あるのみ。

お楽しみにー!
posted by connie at 11:04| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
CoRichブログランキング CoRichブログランキング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。