カテゴリ

2010年03月25日

『桜の園』に向けて11

『桜の園』の上演に向けて、毎週日曜日はうちの劇団員たちの紹介を代表であり演出である僕から、僕なりの視線で書いてみたいと思う。
(と、思っていたのに忙しくてすっかり忘れていた)
書き方に語弊が有る場合もあるだろうけど、読者の方は我慢していただきたい(笑)
第11回の今日は…。
IMG_7072.jpg

千葉滋(ちばしげる)
今回演じるのはトロフィーモフ。
ロシアの今と未来を憂う青年。
役の詳細は前回同様、割愛します。

立和名が入ってくる以前に僕が一番気に入っていたのは間違いなくこの男。平凡な外見にハード・コアな中身、バリトンボイスと常軌を逸した演技。器用ではないが雰囲気があり、舞台に置いておくだけでその空間に不可思議なリアリティをもたらす怪優。

芝居についていえば、感情の起伏が激しく発散性が強くせりふ回しが柔らかく巧みで落ち着いて観れる。どんな劇団にも『名脇役』というのは絶対に必要で、外に芝居を見に行くとエッジの利いた良い役に限って下手な奴がやっていて「滋がいいな」と毎回思う。

これまでの役でいえば『運を主義にまかす男』の飛田役がよかった。いや、楽しかった。何を考えているかわからない奴だがいい芝居をしようという気持ちは誰より強くて気持ちいい。
チェーホフの名作でいえば『三人姉妹』のソリューヌイが当たり役だろう。

今回のトロフィーモフに関しては、何より『赤』的な要素と、ロシアの学生との両方を公演してくれることを祈っている。

とにもかくにも、千葉滋をよろしくお願いします。
posted by connie at 21:10| Comment(0) | 役者紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
CoRichブログランキング CoRichブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。