カテゴリ

2012年06月09日

90分の使い道。

W杯最終予選の、オマーン、ヨルダン戦が終了しました。結果はみなさんもご存知の通り、
3-0、6-0という圧倒的なものでした。
ただ、僕の中では一戦目を見た段階ではまだ訝しい部分があり、記事は書かなかった。
でも今は、はっきりと確信があるので書きます。

日本サッカーは強くなりました。

え?知ってる?結果みたら分かる?
まー、そう言わないで。
問題は勝ち方と、立ち位置、なんです。

これまで、サッカー日本代表は韓国と並んでアジアのトップを競ってきた。でも、それは90分をフルに使ってなんとか勝って来た。
でも、現代表は昨日の試合でも分かるように、前半30分までに3点を取り、試合を事実上『終わらせる』闘いをしている。つまり残りの60分は試合終了を待ちつつ、自分たちのシステムの確認をしているわけです。もちろん、吉田の負傷がなければ、宮市が出場したんじゃないかという予想はつきますが、基本的には、試合運びから交代、得点までのほとんどが監督の思い描いた、余裕ある状態でした。
そしてなにより、30分で試合を決める『格の違い』を見せつけた。これまで、どんなに強くてもこれは出来てなかった。
つまり、ヨルダンは今後、ヨルダンのサッカーの歴史が変わらない限り日本に対しては苦手意識、もっと言えば、勝てないというようなネガティブなイメージがまとわりつくのだ。
本来なら、オマーン戦も僕は前半を2-0で終えて欲しかった。ま、でも二戦見れば、日本サッカーは変わった、と言える。そう思う。

では、来週のオーストラリアとの一戦をどうするか?
簡単だ。
1-0で勝つ。オーストラリアを焦らせながら、イライラさせながら、ゆっくり追い詰め、点を取る。勢いでなく、ゲームプランで勝つ。それでW杯は近づく。
得点者は香川が最適だ。日本を変える口火をカズさんが切り、中田英寿を通過し、本田圭佑がこじ開け、香川真司が決定する。
きっと、そこでドーハの悲劇は幕を下ろす。
長い20年間だった。
日本サッカーは、20年間という歳月をかけて90分の使い道を学んだ。
たった90分のために20年間を使ったんだ。
悪くない。
夢のような時代があり、負けない時代があり、勝てない時代が来て、ようやく強い時代が来ようとしているのだ。
サッカーは文化だ。サッカーは日本の文化だ。
それを、この二戦120分で確信した。
これは日本サッカーの序章だ。

そう思うと、僕は興奮して眠れなかった。
posted by connie at 16:54| 東京 ☔| Comment(0) | 観劇・観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月02日

天皇杯決勝。

元旦の恒例行事といえば初詣でもお年玉でもなく、天皇杯決勝。
もう、中学生の頃からだからかれこれ20年続く僕の元旦の楽しみ。

今年は…。

FC東京 VS 京都パープルサンガ

…。
J2対決。

僕はね、横浜マリノスのサポーターなんで、準決勝でサンガに負けてるんで、今日だけは嫌いなFC東京を応援。

そもそも、J2のチームとJ1チームの圧倒的な差はフィニッシュに出る。
事実、梶山もドゥトラもJ1では通用しないフィニッシュイメージを連発していた。
そのせいで、なのか。
試合は天皇杯決勝史上かなり単調。
んー。
ま、文句はないのよ。
ただね、スペクタクルなしに何点もゴールを重ねてもサッカーは面白くない。むしろ、それなら1-0でもレベルの高い試合の方が盛り上がる。
FC東京は、戦力を大きく変化させないとJでは通用しないと思った。J2では一枚も二枚も上手かもしれないけど、パスの質とか、サイドの展開とかに雑味がある。
パープルサンガは、前に怖さはあるもののGKを含むディフェンスラインに明らかなJ2感があって、やっぱり集中力とかに問題がある気がした。
結局のところ、攻撃裏に定評のある2チームというのはお為ごかしだと思わざるを得ないゲームだった。
単に、ディフェンス力のない2チームの対戦。
その結果が4-2。
んー。
ただね、J1のチームも一発勝負で負けすぎ。
もっと天皇杯の価値を高めて、全力でやって欲しい。

元旦にサッカー。

んな贅沢、誰も出来ない。
それにふさわしいレベルで闘って欲しい。


全然関係ないけど、今野はホントにガンバに行くのかなぁ。
posted by connie at 00:15| 東京 ☀| Comment(0) | 観劇・観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

本田 < 遠藤

んー。
録画してまで観たけど。

日本vsベトナム

つまらなかった。
全体のフィジカルコンディションがあまりに低いし、まー、タジキスタン戦に照準を合わせてるからだろうけど。
ちょっとヌルいし、ベトナムをなめすぎ。

そして、不在感が強く出たのは、
本田じゃなくて、遠藤。

遠藤の代わり探しは急務。
これなしに、日本サッカーに未来はない。
ハッキリそう感じた。

原口は90分使わないと分からない。
槙野はちょっと期待外れ。
藤本は23人枠なら合格。
李は次戦が正念場。
駒野は内田の代役ならギリギリ。

逆に、

長友、長谷部、遠藤、本田、香川、吉田、今野。
は、代替えが効かない。
もはや不動。

収穫は、西川が素晴らしいGKだと分かったこと、だけ。


なんとも残念なゲームでした。
posted by connie at 16:50| 東京 ☀| Comment(0) | 観劇・観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
CoRichブログランキング CoRichブログランキング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。