カテゴリ

2011年01月01日

天皇杯を観たよ。

えー。

コニーです。

今年はね、アジアカップと、コパアメリカ以外にたいした話題がサッカー界にはないので、地味にJリーグとかを見つつこまめに観戦記を書いていきたいと思います。
劇団のブログなんだけどね(笑)

まずは、元日の恒例行事、天皇杯決勝。
今年の組み合わせは、


鹿島アントラーズ VS 清水エスパルス

でした。

鹿島はですね、天皇:小笠原、総理大臣:野沢、幹事長:興梠、というチーム。
清水はですね、天皇:小野、、総理大臣:兵頭、幹事長:藤本、というチーム。

鹿島は三役そろい踏み。逆に清水は兵頭がけがで欠場。

総理大臣のいないチームは政務(チームとしてのコンセプトワーク)が徹底できない。
そのために、前半はちぐはぐな攻守を見せてかなり苦しい展開。
特に、ヨンセンにあてて、それを拾いたいとこだったのに肝心のヨンセンがあきらかに調整不足。
ボールのおさまりが悪くて、小野が孤立する最悪の展開。
もちろん、兵頭の代わりに山本(真)が入ってるんだけど、小野をサポートする力も攻守の切り替えも前へと向かう推進力も兵頭とは比べ物にならない。小野を生かすならある意味では最初から元・幹事長の伊東を使ったほうが機能したのではないかという前半でした。

一方で鹿島は、大迫が若いフレッシュな力で天皇・小笠原と総理・野沢の好パスを受け続け様々にチャンスを演出。そうなると幹事長も黙ってない。ゴールへ向かう迫力は満点なのでマルキーニョスがいないからとか言わせない力でゴールへ向かった矢先、CKから伏兵ガブリエルが先制ゴール。前半の流れだけ見ていても当然の展開。むしろ、2点入らなかったあたりは清水にチャンスが来るのではとすら思わせる堅い試合運びだった。

後半に入ると、清水は小野が前半の良くなかった連携点をカバーすべく天皇の座を捨てて総理大臣に。すると政務にスピードと正確さが増してくる。そこへもってやっとヨンセンが温まって来て、同点ゴール。この時間帯には藤本も本来の幹事長としての役割であるタカ派の突破力をふんだんに見せ始めていて見ごたえのある展開に。

一方で鹿島は、青木にしても伊野波にしても、若い。体での接触には非常に強い意識と実力を垣間見せるもののディフェンスラインからゲームをコントロールできない、それに加えて息を吹き返したヨンセンに中田がフィジカルで手こずり始めて非常の慌てる場面がちらほらし始めていた。この時間帯にもう1失点していたら鹿島に優勝はなかった。ところが一番苦しかった時間帯、一番苦しいタイミングでFKを得ることに。ボールの前に立っているのは天皇・小笠原と、総理大臣・野沢。微妙に長い話し合いの結果、蹴ったのは総理。これが見事に(といっても一抹のキーパーミスの感は否めないのだが)決まって勝ち越し。
その直後に鹿島は元・総理大臣を長きにわたって務めた重鎮・本山を投入。勝ってる試合で出てくることほど憎らしいことのないこの選手は終始落ち着いた政務でチームを落ち着かせつつもゴールを狙ってますよ、という驚異をも器用にアピールし清水に反撃の糸口さえ与えない。いわば、完ぺき。プロフェッサー・オリヴェイラが見出したカップ戦必勝リレー。

ゲームは、きちんとした形でシャット・アウト。

僕はもともと、長谷川監督を非常に買っているし、今日だって勝てたと思う。
それでも、まだ判断と決断には若さを感じる。
今日が最後のプレーとなる伊東をお情けで出場させるような気持が嫌だから、というのではなくて、兵頭の代役、として考えたら山本よりもより機能的に美しい伊東で良かったんじゃないかと思う。
逆にオリヴェイラは、内田、マルキーニョスと完全な主軸のいない中、四冠もくそもないシーズンでかなり勉強して意地でも天皇杯は取りたいという気持ちからベテランの安定感とか連携のうまさとかをくまなく利用したうえで大岩はピッチに出さなかった、つまり名将なのだ。
長谷川さんには正直、横浜マリノスの選手を指揮してほしい。
ミス・フェアレディゼットを奥さんに持つ、希代の名称としてマリノスの若手たちを鼓舞して、天皇杯を掲げてほしい。

というわけで。
天皇杯は2−1で鹿島アントラーズが優勝。
ゲーム自体は天皇杯の決勝をサンプリングして集めたらこんな感じになりますよね?
って感じの内容でした。面白かったけど。
posted by connie at 17:23| Comment(0) | 観劇・観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

秋公演『華々しき一族』

森本薫作品の中ではきっと一番明るくて明快なラブ・コメディだろうと思う。
今回は配役の段階で80%完成している状態だったので一巡目については難なくというか、うまく出来ていると思う。
『桜の園』の時とは大違いだ。
何でもかんでもサッカーにたとえるのが好きなのでついついサッカー談義になってしまうのだが。
うちは、これまで、どちらかといえば藤野と安中の2トップで作品を作ってきた。そうなると、当然のことだが僕がボランチ、菊地がアンカー、千葉と室井がサイドアタッカーとなる。ここに暁をトップ下(或いはファンタジスタ)においてきた。
ところが、最近。ま、僕の演劇観や周りの役者の変化、成長に伴って考え方、作品の展開の仕方、果ては稽古の仕方まで変わってきたといえる。
今回の『華々しき一族』には僕は出演していない。
僕が出演していない作品におけるボランチ(舵取り)は誰になるのか?
一巡目は僕は静観していた。そして通し稽古を通じて後輩たちにアンケートを記入させ、意見の取入れを行い、冷静に結果を分析した。
結果、現在の図式はこうなった。
GKに菊地、アンカーに安中(なんかややこしいな)、ボランチに藤野、サイドハーフに千葉と室井。1トップに岩崎。
おおっ!!
こんな日って来るのね。
ちょっと感動すらした。
通し稽古の日、藤野はいつものように強いパッションと、色彩豊かな演技力で存在感を放っていた。これはいつものことだが、あの日は、そのパッションが劇の深層に流れる物語とリンクして強い光を放っていて、ストーリーテラーでありながら、主役の裏側という難しいポジションをこなしていた。
これには驚いた。
そこには、安中のアンカー(ややこしいな)としての徹底した役割意識と岩崎の1トップというハードワークがその二つを際立たせていて、この3人の関係が『桜の園』当時よりも、強く連携されてきていることを証明していた。
一方で菊地にはまだ見せ場が訪れていない感があり、地味なポジションの中でもがいているような鬱屈としたものが感じられた。
また、室井と千葉は藤野・岩崎・安中とのコンビネーションの中でこそ、自分の役をより良く表現できるという確信をもっと強くもって、アンサンブルを深め、硬さをとっていけばもっと活躍できるだろうと思う。

みたいな印象を受けた。
作品に影響されるのではなく、作品のあり方を影響するもの。
それが、演技力。
久しぶりにそういうものを見せてもらった。

そのせいで。
なんだか音響とか照明とか、ちょっとプランに変更が出て困っている。
(笑)

やっぱり、良い物にするというのは贅沢な作業と発想が必要なのだ。
posted by connie at 17:37| Comment(0) | 観劇・観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

一巡目、通し稽古。

演出上の問題点がいくつかあったにせよ。
一巡目の通し稽古としては200点。

もちろん甘さはあるし、ちょっと不都合もメリハリも必要だけど。
劇の根幹は成り立ってるし、いい状態。


満足。
posted by connie at 19:11| Comment(0) | 観劇・観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
CoRichブログランキング CoRichブログランキング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。