カテゴリ

2011年01月26日

さて。

これで、完成するか?

五感を働かせて、戯曲の声に耳を傾け、出演者の顔を一人一人思い出す。

さて。
頼むぜ、俺の五感。
image-20110126140314.png
posted by connie at 14:04| Comment(0) | 魅酒乱ガイド2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

四万十川に御上位ください。

えー。
年始から何だか空耳アワーでして。

閉まるドアにご注意ください。

が。

こう聞こえます。

はいぃぃ?
posted by connie at 00:31| Comment(0) | 魅酒乱ガイド2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

ハワイアン・ナイト−1−

ハワイ。南国の楽園。
日本人が最も訪れる、もっとも身近な外国。
ハワイ。

事件はそこで起こった。

僕らは二人でハワイに出かけた。
新婚旅行にも連れて行ってあげなかった僕。
奥様はとてもその旅行を楽しみにしていた。
その最初の夜。
それはロマンチックで素敵な夜になるだろうと思っていた。


が。



ハワイの旅行ガイドを何冊か持ち込んでいた僕らは、初日のディナーをステーキ・ハウスと決めていた。ホテルからはやく2km。歩いていくにはちょっと遠いが、タクシーに乗るほどの距離ではなかった。
僕らは互いに割かしきちんとした服を着てそのステーキ・ハウスに歩いて出かけた。夕方のハワイはその夕焼けに悲しみの色を帯びることなくどこまでも赤く美しかった。
ステーキ・ハウスは案の定満員でほんの少しだけ待った後、カウンターの席に通された。僕らはカウンターが好きだった。
程なくしてバーテンダーの男が僕らに近づいてきて最初の飲み物は何がいいかと尋ねた。
この段階でうちの奥様の英語はぎりぎりのレベルに来ていた。
僕はバーテンダーに向かって。
「マティーニを二つ。出来ればシェークして」
と、注文。飲み口の強いマティーニは飲みなれない人にはシェークが一番だ。ジェームス・ボンドだってそうしている。
しかし、それがまちがいだった。
飲みやすくなったマティーニはあっという間に奥様の胃の中に納められ僕らはすぐに白ワインに走った。
肉もワインも非常に美味しかった。
しかし、奥様の酔いはその時点でピークを迎えていた…。

店を出たときには奥様は泥酔状態。
にもかかわらずそのすぐそばにあったジェラテリア(アイスクリーム・ショップ)に立ち寄ると従業員のお姉さんたちの話も聞かずどんどん食べたいものを注文し店を出るや購入したアイスを僕に渡し、
「私、走る!!!!!」
」と、一目散にホテルの方向めがけて失踪を開始。
僕は両手にアイスを持ったまま彼女を追った。

…次回に続く。
posted by connie at 22:04| Comment(0) | 魅酒乱ガイド2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
CoRichブログランキング CoRichブログランキング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。